民間と行政のメリットやデメリット

回収する際の値段を確認しよう

小さい家具や家電の回収を行政に任せた時は、300円から500円で済みます。
民間に比べると、非常に安い価格が設定されています。
たくさんの不用品があっても、少ない金額で済むでしょう。
お金の掛からない方を選択したい人は、行政に任せてください。
サイズが大きい家具や家電になると、料金が高くなります。
それでも、1000円ぐらいなので問題なく支払えると思います。

引っ越しをする時に、いらない家具や家電を処分する人が見られます。
その時は他の部分にも、お金をたくさん使います。
ですから不用品の処分に、高いお金を掛けないように工夫してください。
行政に安いというメリットがありますが、もちろんデメリットも存在しています。
確認してから判断しましょう。

行政のデメリットとは

安いという部分は魅力的ですが、自分で回収場所まで不用品を持って行かなければいけないデメリットがあります。
小さな家具や家電を少しだけ処分したい人は大丈夫でしょうが、大きな家具や家電をたくさん処分する予定の人は、負担が大きくなります。
まず回収場所がどこなのか調べてください。
自宅から離れている場所が、回収場所に設定されていることもあります。

また、連絡をしてすぐ回収しに来てくれるわけではありません。
次は何日に回収すると、決められています。
毎月、不用品を回収する日は2日ぐらいしかありません。
前回の回収日が最近だった場合は、次の回収日はずっと先になってしまう可能性があるので注意しましょう。
早めに行動してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ